サクセスマンスリーより抜粋

事務所発行「サクセスマンスリー」より抜粋

2022年

2021年


気づきの実学(サクセスマンスリー2022年1月号)

「経営には経済原則を超えた世界がある」

 会社は経済学とか経営学という理論の世界ではなく、血も涙もある人間が働いているところです。

 そこで役立つのは理論や知識ではなく「気づきの実学」で優しさと辛抱強さです。

 そして働く人の自己反省基準は次の3点です。

 ① お客様の評判(お客様に満足していただけたか)

 ② 明日の準備(仕事を通じて新しい工夫、考え方を身につけたか)

 ③ 毎日いきいき仕事ができたか(個性を存分に生かし、充実した日々を送ったか)

 仕事というのは、「人を感動させるということに最も大きな意義がある」という

 「感動の追求」です。

今月の言葉(サクセスマンスリー2022年6月号)

「自分に打ち勝ち前に進め、人生は大きく変わる」

とにかくまず一生懸命、一心不乱に打ち込んでみることです。そうすることによって苦しみの結果から喜びが染み出るように生まれてくるものです。そのときに大切なことは、「自分に打ち勝つ」ことだといえるでしょう。つまり利己的な欲望を抑えること。自分を甘やかそうという心をいさめること。それが出来なければ何事も成し遂げることは出来ないし、持てる能力を最大限に発揮することも出来ません。

自分に打ち勝つ=利己的な欲望を抑えること

(稲盛 和夫の言葉)